制作物を通じ、

会社の成長に貢献できる

Webデザイナーへ

2016年入社

Webデザイナー
山元芙美子

  • Q1.

    マナマナに入社した理由

    大学卒業後はアクセサリーの販売員をしていたのですが、販売以外の仕事も経験してみたいと思ってwebデザインの仕事に転職し、そこからは主にECサイトのデザイナーの仕事をしていました。
    マナマナには最初、派遣社員として勤務していました。最初は社員の皆がお洒落で少し気後れしていたのですが、慣れると本当にいい方ばかりで、派遣期間が終わっても、もっとこの会社で働きたいと思っていたところ、正社員募集の話があり、正社員として入社することになりました。

  • Q2.

    仕事の内容

    レンタルドレスを提供している「マナマナプラス」のECサイトのページ作成と更新を中心に、チラシやパンフレットなど印刷物の作成から画像処理、POPの作成など、社内の制作物関係を全般的に担当しています。とっつきにくいほどオシャレなデザインにすると、親しみが持てず内容を見てもらえなくなってしまうので、分かりやすいけれども安っぽくはないデザインにするよう工夫していますね。そのためにも、ターゲット層が好むデザインのサイトを研究したり、デザイン制作前に関連部署とコミュニケーションをとって認識をすりあわせたりするようにしています。また、最近は取材の依頼やスケジュールの調整など、ディレクターとしての仕事も担当するようになりました。考えてこなしていくことが多く難しいですが、日々スキルアップしていると実感しています。

  • Q3.

    仕事のやりがいについて

    制作物に対するお客様の反応をいただいたときは、デザインを認めてもらったと感じて嬉しくなりますね。また、派遣社員の頃は求められたことをこなしていくという働き方でしたが、正社員になってからは自分の意見を持ってどうしたいかを考えることが重要になりました。例えば「赤くて大きなフォントで」という依頼があった場合、そのまま受け取るのではなく「この部分を目立たせたいのだろう」と、相手の意図をくみ取ります。そして、デザイン的により良い表現があれば、それを提案するようなイメージです。依頼主の思いやターゲットの好みを的確につかんで、ぴったりなデザインを作れた時にも大きなやりがいを感じます。
    また、会社がスキルアップのためのセミナーなども参加を促してくれるため、非常に自分自身のキャリアアップに繋がっています。

  • Q4.

    これからの目標

    店舗のスタッフがより仕事をしやすくなり、売上にも貢献できるような制作物を作成していきたいです。そのためにも、制作自体がゴールではなく、店舗業務やEC事業のバックアップこそがゴールなのだという意識をもって仕事に取り組むことが大切になると感じています。また、お客様がずっと手元に残していたいと思えるような制作物を作りたいですね。私自身、お気に入りのパンフレットをコレクションしているのですが、そのように扱ってもらえるドレスのコーディネート集などを作れるといいなと思っています。

  • Message

    マナマナへ入社を考える方へのメッセージ

    マナマナは、初めてのチャレンジを歓迎してくれる会社です。困った時は皆が助けてくれる環境なので、一人で抱え込まずに周りに相談してくださいね。中途入社でも、マナマナの社員は皆フランクで仲がいいので、すぐに馴染めるはずです。ポジティブな人、積極的にチャレンジしたい人。そんな人であれば、絶対に輝ける職場だと思います。

Contact
マナマナのサービス、採用等へのご質問・
ご意見など、お気軽にお問い合わせください。