取り扱うアイテムを

全て把握し、トータルバランスで

提案できるバイヤーへ

2010年入社

バイヤー
工藤圭

  • Q1.

    マナマナに入社した理由

    アパレルの仕事に携わりたいと思い業界をリサーチしていたところ、スタイリスト向けのレンタル業という珍しいビジネスをしているマナマナに興味がわきました。そこから会社について詳しく調べていくうちに、一般的なファッションを扱う企業とは違う業態のビジネススキームに惹かれ、入社を決意しました。ファッションへの興味は、高校生の頃に裏原のストリート系が流行したことがきっかけでしたね。でも、皆と同じ服装をするのが好きではなかったので、古着系やモードなど色んなジャンルにチャレンジしました。仕事でもその経験は活かされていて、アイテムの買い付け時に着用者の姿をリアルにイメージすることができています。

  • Q2.

    仕事の内容

    バイヤーの仕事は、展示会に足を運び、優れたアイテムを発掘することです。しかし、その場ですぐにイメージを作るというのは時間が足りず難しいので、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。来シーズンに向けてどこを強化すべきか、より伸ばせるところがあるのではないかということを店舗と議論を重ね、その上でイメージ通りのアイテムを買い付けて、納品まで責任をもって管理します。今は、メンズだけでなくレディースのアイテムも買い付けています。男性と女性ではレディースアイテムの見方が少し異なるので、きちんと顧客のニーズに沿えるよう、しっかり話をしたりスタッフにフィット感を見てもらったりしています。あとは、日々インスタグラムや雑誌などで最先端のファッションを勉強していますね。

  • Q3.

    仕事のやりがいについて

    今までと毛色の違うアイテムを仕入れてお客様が喜んでくれた時は、大きなやりがいを感じます。メンズの定番であるテーラードでも、時代とともにシルエットが変化しています。スキニーからワイド、そしてクロップドへといったように、時代に沿ったトレンドをしっかりキャッチして買い付けることで、スタイリストをはじめとするお客様に満足いただけるのです。このタイミングが中々難しく、トレンドを行き過ぎてもダメなんですね。マナマナのアイテムは主に広告で使われるため、あまりにも最先端のファッションは馴染みません。そのため、お客様が使いやすいと感じるタイミングで仕入れることが重要になり、そのバランスを見極めるのが大変なんです。データ分析をしたり、展示会でトレンドの流れを肌で感じたりすることで、ベストな時期を捉えるようにしています。

  • Q4.

    これからの目標

    マナマナはあらゆるアイテムを取り揃えています。レディースウェアやメンズウェア、シューズ、アクセサリー、水着、コスチュームなど100以上におよぶカテゴリーのアイテムを、全て把握できるようになりたいですね。今後も撮影に使われる多種多様なアイテムを仕入れていく必要があるので、トータルバランスで何を買い付けるべきか判断できるようになりたいです。マナマナは社員のチャレンジを歓迎する社風です。新しいカテゴリーを追加したいという場合は、需要と供給を調査し、顧客のニーズを掘り起こして提案することが重要になると考えています。店舗側へのヒアリングやディスカッションを通して、アイテムの幅をさらに広げていきたいですね。

  • Message

    マナマナへ入社を考える方へのメッセージ

    マナマナで力を発揮できるのは「色々なことに興味を持てる人」だと思います。バイヤーはトレンドをおさえることはもちろん、常にアイディアが求められる仕事です。ファッションだけでなくカルチャー、ライフスタイル、音楽、スポーツ、何にでもアンテナを張って、最新の情報を仕入れるよう心がけてほしいです。そうすることで視野が広がり、顧客目線で考えられるようになるはずです。皆さんも一緒に、マナマナで刺激的な毎日を送りましょう。

Contact
マナマナのサービス、採用等へのご質問・
ご意見など、お気軽にお問い合わせください。