仕事の基礎を吸収して

親しみやすい先輩になりたい

2018年入社

メディア事業部
鈴木景子

  • Q1.

    マナマナに入社した理由

    会社説明会で唯一ワクワクした会社だったというのが、マナマナに入社を決めたきっかけでした。就職活動ではIT業界や金融業界、商社など幅広い業界の会社説明会に参加していたのですが、どうも自分がイキイキと働く姿を想像できなくて。一度しかない人生に重要な影響を与える就職活動を、楽しくこなせないことにストレスを感じていた時に出会ったのがマナマナでした。衣装レンタルという珍しい事業に興味を持ちましたし、社員の方々やiPadで会社紹介のムービーを見せてくれるというスタイリッシュな雰囲気も強く印象に残りました。

  • Q2.

    仕事の内容

    店舗のカウンター業務など接客を中心に、商品のメンテナンスなど事務作業も担当しています。接客業務ではカフェでのバイト経験を活かし、広告やCMの撮影内容をヒアリングしてお客様が必要としていることを探り、ニーズに沿った提案をするようにしています。他にも、社内のプロジェクトメンバーとして定例のイベントを企画したり、他部署研修を通して様々な仕事を体験させていただいています。入社前はスタイリッシュでクールなイメージのある会社でしたが、実際に働くとフランクで親しみやすい雰囲気だったことは嬉しいギャップでした。社員同士の距離が近く、分からないことがあっても質問しやすい環境なので、新入社員にとっても非常に働きやすいです。

  • Q3.

    仕事のやりがいについて

    スタイリストのお客様におすすめした商品が、実際に広告やCMで使用されているのを見ると、この仕事の凄さを改めて実感します。マナマナのお客様は長年通ってくださるプロのスタイリストさんばかりなので、私が新人だということはすぐに分かるんですね。そのため、「もう慣れた?」といったようにお客様に気遣っていただく機会も多く、この恩はしっかり成長することで返していかなければと思っています。また、同期とは非常に仲が良く、仕事終わりに飲みに行くのも毎回楽しみにしています。同期の2人は中国と韓国の出身なので、まるで国際交流のようなんです。仕事の話だけでなく、プライベートの話でも盛り上がっています。

  • Q4.

    これからの目標

    今は仕事に慣れることに必死で、日々の課題をこなすのに精いっぱいですが、仕事に関する様々なことを吸収して早く一人前の社員になりたいです。バイヤーと一緒になってどのようなアイテムが必要かを考えることが多いので、バイヤーの仕事にも興味がありますね。バイヤー室はマナマナの中でも花形部門なので、憧れちゃいます。将来的には接客だけでなく、バイヤーなど別の仕事にもチャレンジできればいいなと思います。そして、後輩が入社した時には親しみやすい先輩になりたいですね。先輩に話しかけたり質問したりするのは緊張してしまうと思うのですが、こちらから後輩に話すきっかけを作って、何でも相談してもらえる先輩になりたいです。

  • Message

    マナマナへ入社を考える方へのメッセージ

    新入社員に限らず、社員ひとりひとりへのケアが行き届いているので、キャリアをスタートするのに最適な会社だと思います。また、研修制度が充実しているので、ビジネスマナーからアパレル業界の状況、マナマナのビジネスまでしっかり理解した上で仕事に取り組むことができますよ。少人数の同期だからこそ築ける関係性も楽しいですし、社内イベントなどを通して先輩とも仲良くさせてもらえるので、本当に楽しく働ける環境です。毎日ワクワクしながら働きたいという方は、マナマナで一緒に頑張りませんか。

Contact
マナマナのサービス、採用等へのご質問・
ご意見など、お気軽にお問い合わせください。