他事業部との連携を強化し

大きなイノベーションを

2006年入社

メディア事業部部長
中谷 太紀

  • Q1.

    マナマナに入社した理由

    専門学校時代はファッションデザインやスタイリングを学んだことをきっかけにセレクトショップの販売員として働きはじめたのですが、ファッションを扱う仕事のなかでもメディアに関わる仕事をしてみたいと思い、スタイリストアシスタントの友人に相談したところ、プロ向けファッションレンタルという聞き慣れない業態の存在を知りました。マナマナは撮影用衣装レンタルの分野ではトップクラスであり、競合が少なく、何よりも在庫が回転して収益を得るというビジネスモデルに伸びしろがありそうだと感じたため、入社を決意しました。

  • Q2.

    仕事の内容

    メディア事業部の部長として大阪を含めた6店舗のマネジメントを担っている他、人員・商品・コスト・時間という資源を最大限に活かすために日々奮闘しています。具体的には、各店舗の店長と週に1回ミーティングを行い、店舗ごとの課題を把握。それぞれの状況を理解した上で、事業部全体として何をすべきか多面的かつ俯瞰して検討するようにしています。
    また、この数年はシステムプロジェクトのメンバーとして、業務の効率化を新たなシステムの開発や改善を通じてサポートしています。RFIDの導入も運用へとこぎつけました。

  • Q3.

    仕事のやりがいについて

    事業部全体が予算を達成した時と、スタッフの成長を実感できた時がやりがいを感じる瞬間です。スタッフには自分の考えを持って意見を言えるよう成長してもらいたいと考えているので、「この件についてはどう思う?」といったように、ものごとを考えるきっかけを与えるようにしています。これは、自分もかつて先輩から促され身につけることができた習慣で、どのような課題に対しても自分なりの意見を持つことがキャリアアップのためには重要になると思っています。一つの考え方に固執しないよう柔軟さを心掛けながら、広い視野と強い意思を持って仕事に取り組んでいます。

  • Q4.

    これからの目標

    メディア事業部はマナマナの根幹となる重要な部署です。スタイリスト様の商品調達の方法も多様となり、あらゆる企業がシェアリングに参入しているなか、マナマナがナンバーワンであり続けるためにも、マーケット動向や広告業界の変化に目を向け、提案行動に注力していきます。
    そしてそれを事業部全体の成長や、会社の可能性をひろげることに繋げていきたいです。また、一つの事業部に留まらず、他事業部との連携を今まで以上に強化していきたいですね。お互いのプロフェッショナル性を活かし、様々な角度から課題の解決に向き合っていくことで相乗効果が生まれ、これまでにないイノベーションにつながるだろうと感じています。

  • Message

    マナマナへ入社を考える方へのメッセージ

    変化に対して柔軟に対応でき、変化を受け入れて前向きに考えられる人はマナマナで活躍できるはずですし、会社としても大いに期待する人材です。マナマナのビジネスモデルは独自性があり、競合各社のなかでも群を抜いてトップを走り続けているオピニオンリーダーです。コンプライアンスがしっかりしているので安心して働けますし、社員ひとりひとりが残業を常に圧縮する努力をしているため、男女ともにワークライフバランスを実現しやすい環境です。チャレンジ精神が旺盛な方、ぜひマナマナでともに働きましょう。

Contact
マナマナのサービス、採用等へのご質問・
ご意見など、お気軽にお問い合わせください。